2008年05月01日

EQ(共感力)・・・・・Pucci

嬉しいことも、すごい体験も他の人に話して、共感を得られた時
その喜びは何倍にもふくらんでいきますね。
例えば、夕べとっても美味しい物を食べ、そのことを友達に話したら
「わぁ〜いいなぁ、そんなに美味しかった〜?俺も食べてみたいなぁ〜」
なんて言われた時、味わった美味しさがぐ〜んと実感できますね。
ですから、共感を持って聞いてくれる友達が多いほど、喜びや幸福感を
沢山味わうことができることになります。
逆に悲しいこと、辛いこと、様々な悩みは自分の中にだけしまっておく
とどんどん増幅し、大きくなっていきます。共感を持って聞いてもらう
とその悲しみや苦しみがかなり減っていきます。
共感をもって聞いてくれる友達がいること、そして自分も楽しいことも、
悲しいことも共感を持って聞いてあげられる人になることは、
幸福を増やすことになるのですね。
posted by juku-shiki at 19:08| 講師日記

にせ医者の才能あり・・・東野

ぼんびびば!ん?鼻がつまっているので、こんなごあいさつです
金曜日の夜から、急に風邪をひいてしまいました。一時は、熱、のど、咳もあったのですが、ゴールデンウイーク前半で、お医者さんはお休み。
そこで、やむなく、いちかばちかの賭けにでました。家中の、飲み残しの抗生物質をかきあつめ、知恵を結集して、症状に合った組み合わせを考えました。このまま、悲しい休みを過ごすのは避けたい一心で。
そのかいあって、起きていられるまでに回復したものの、一応、午前中に病院へ行ってきました。
「いつからですか?」の問いかけに、まずいと思いながら、全てをはなしました。案の定、しこたま怒られましたが、先生は、最後に、小声で、「でも、組み合わせは間違ってないんだよなあ。」と言いました。そこで、ニヤッとした私に、先生は、二度とこんなことはしないようにと釘をさしました。
良い子のみなさんは、絶対にこんな真似はしてはいけません!私も、もうしません!さあ、本物のお医者さんが出してくれた薬をのんで、連休後半はお出かけしよっ
posted by juku-shiki at 14:30| 講師日記